産経WEST

【竹島を考える】北が韓国と共闘、日本は「お家騒動」の場合か 下條正男・拓殖大教授

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【竹島を考える】
北が韓国と共闘、日本は「お家騒動」の場合か 下條正男・拓殖大教授

外交攻勢をかける北朝鮮の金正恩委員長。「竹島」でも韓国と共闘する動きをみせる(朝鮮中央通信=朝鮮通信) 外交攻勢をかける北朝鮮の金正恩委員長。「竹島」でも韓国と共闘する動きをみせる(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 米朝会談の後、北朝鮮の対応次第では、日本は日朝の国交正常化交渉に直面するという成り行きもある。

 1965年の日韓基本条約では、「大韓民国政府は、(中略)朝鮮にある唯一の合法的な政府」であった。それが、北朝鮮との国交正常化交渉に臨まなければならないとすれば、日本は当然、日韓の国交正常化交渉以上に苦戦を強いられることになる。

竹島問題で韓国に同調求める北朝鮮

 北朝鮮は、今回の平昌オリンピックで、南北の「統一旗」に独島(竹島の韓国・北朝鮮側呼称)を描くことに固執していた。

 3月30日、日本の文部科学省が高等学校の学習指導要領に竹島を載せると、北朝鮮の朝鮮中央通信は4月11日、「より強力な独島死守闘争で答えていかなければならない」と題する論評を通じ、「日本政府が最近『独島は日本の領土』という歪曲(わいきょく)教育を一層強化する内容の高等学校学習指導要領を確定した」と非難した。

 この中で、朝鮮中央通信は、「歴史が証明し、世界が公認する独島は昨日も、今日も、明日も変わりなく朝鮮民族固有の神聖な領土」として、「南朝鮮人民は日本の独島強奪策動に、より強力な領土死守、独島死守闘争で答えていかなければならない」と韓国側に同調を求めている。

 これは今年の「三一節」(「三・一独立運動」を記念する韓国の祝日)の演説で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「独島は日本の朝鮮半島侵奪過程で最初に強制的に占領された我々の領土です。我々の固有の領土です。今日本が、その事実を否定するのは帝国主義侵略に対する反省を拒否することと違いがないのです」と述べているからである。

続きを読む

「産経WEST」のランキング