PR

産経WEST 産経WEST

高校野球賭博罪で男を起訴 三重

Messenger

 今春の選抜高校野球大会を賭けの対象に賭博場を開いたとして、津地検は25日、賭博開帳図利罪で三重県松阪市豊原町の飲食店店員、中村裕一容疑者(28)を起訴した。

 起訴状などによると、今春の選抜高校野球大会で優勝校と準優勝校を予想する賭博を1口500円で行い、客21人から計14万4千円の申し込みを受け付けた。

 三重県警は今月5日に同容疑で逮捕。伊勢署によると、中村被告の仲介役が携帯電話で客と接触していた。同署は今回の賭けで客がほかにもいて、約70万円を集めていたとみて、捜査を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ