PR

産経WEST 産経WEST

3人死傷、王子製紙工場アンモニア噴出で社員2人を書類送検 事故防止措置講じず 愛知県警

Messenger

 愛知県春日井市の王子製紙春日井工場で平成29年7月、タンクからアンモニア水が噴き出し、男性社員3人が死傷した事故で、県警捜査1課は25日、事故防止の措置を講じなかったとして業務上過失致死傷の疑いで、特定化学物質作業主任者の男性社員(58)と、現場責任者の操業長だった男性社員(58)を書類送検した。

 事故では、同社社員の村本秀樹さん=当時(41)=がアンモニア水を浴びた熱傷による多臓器不全で死亡したほか、作業や救助に向かった社員2人が眼や肩をやけどし、軽傷を負った。

 書類送検容疑は、タンクの液面計の交換作業に際し、バルブが破損してアンモニア水が噴出する危険性を認識していたのに、タンクを空にするなどの事故を防止する具体的な措置を取らず、3人を死傷させたとしている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ