PR

産経WEST 産経WEST

岡山・両備労組が集改札ストへ 運賃無料状態にして会社側へのダメージを狙う 「地域の不安考慮」

Messenger

 岡山県を中心にバス事業などを展開する両備グループ(岡山市)の「両備バス労働組合」と「岡山電気軌道労働組合」が25日記者会見し、乗客から運賃を集める業務に限定した「集改札スト」を26、27日に実施すると発表した。運行はするが、運賃が無料となる状態にして会社側へのダメージを狙う。

 当初は終日ストなどを予定していたが、ストを警戒して学校が休校になるなどの影響が出ており、2労組は「地域に多大な不安を与えることを考慮した」としている。

 また、両備グループが、タクシー事業などを営む八晃運輸(岡山市)の新路線の認可手続きに不備があるとして、国に認可の執行停止を求めた申し立てが、23日に東京地裁に却下されたことが両備側への取材で分かった。両備側は即時抗告する方針。

 2労組によると、両備バス労組は、JR岡山駅と岡山市東部を結ぶ「西大寺線」で、26日に1時間、27日に終日の集改札ストを実施。岡山電気軌道労組は、27日に路面電車のみで終日行う。

 地域事情のほか、24日の交渉で、3年間は賃金の引き下げを行わないなどとする会社側の回答も考慮した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ