PR

産経WEST 産経WEST

【動画】JR脱線13年、兵庫・尼崎で慰霊式 改めて誓う「安全最優先」 台車亀裂、問われる姿勢

脱線事故現場近くで黙祷する人たち=25日午前、兵庫県尼崎市(沢野貴信撮影)
Messenger

 兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡し562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故は25日、発生から13年を迎えた。慰霊施設として整備が進む事故現場のマンションには献花台が設けられ、早朝から遺族や負傷者らが訪れて静かに手を合わせた。

 JR西日本をめぐっては昨年12月、新幹線のぞみの台車に破断寸前の亀裂が見つかり、異常を感じながら現場社員が約3時間にわたり運行を継続した問題が発覚。脱線事故で指摘された組織の安全意識が改めて問われる事態となっている。

 尼崎市の「あましんアルカイックホール」ではJR西主催の追悼慰霊式が行われ、事故発生時刻の午前9時18分には遺族を含む800人以上の参列者が黙(もく)祷(とう)をささげて犠牲者の冥福を祈った。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ