PR

産経WEST 産経WEST

夏鳥コアジサシ、華麗なダイビング 鳥取西部の日本海

上空で停止して小魚を狙うコアジサシ=鳥取県西部
Messenger

 絶滅危惧種の夏鳥コアジサシが、鳥取県西部の日本海沿岸に飛来している。小魚を狙って上空から海中に飛び込む華麗な“狩り”を披露している。

 22日には約10羽が訪れ、沖合で「キリリ、キリリ」と鳴き交わしながら高速で乱舞。海面に小型の魚を発見しては、巧みに空中で停止し、狙いを定めて一直線にダイビングしている。

 カモメの仲間のコアジサシは、背中は灰色で、白い額と黄色いくちばしが特徴。全長25センチ前後。東南アジアなどから繁殖のために日本に渡来し、海岸の砂浜や河川の中州などで繁殖する。ただ、一時的な滞在のケースもあり、飛来したコアジサシがこの地で営巣するかどうかは分からない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ