PR

産経WEST 産経WEST

【安全という使命(中)】加害企業に任せっきりにせず「声上げ続ける」遺族の責務 JR福知山線脱線事故13年

「安全フォローアップ会議」の主な提言
Messenger

 25日でJR福知山線脱線事故から13年を迎えたが、昨年末に起きた新幹線の台車亀裂問題で、JR西日本は再び「安全への意識不足」を問われている。 「安全こそが経営を担保する」。遺族らは改めてそのことを強く意識している。

脱線事故の延長線上にある

 「またやったのか」という憤りとともに、問題の根は「結局、(脱線事故と同じ)延長線上にある」という確信に近い思い。昨年12月に起きた新幹線の台車亀裂問題のニュースを見ながら、JR脱線事故で妻=当時(62)=と妹=同(55)=を亡くした兵庫県宝塚市の浅野弥三一(やさかず)(76)は、そう感じたという。

 浅野は、遺族らでつくる連絡会「4・25ネットワーク」の世話人として、10年以上にわたりJR西日本という巨大組織に真っ向から対峙(たいじ)し、安全文化をJR西に根付かせるため声を上げ続けてきた。長い間染みつき、一朝一夕には変わらない企業体質。それこそが浅野が闘ってきた敵だった。

 浅野は「メーカーが不正に台車を削ったから亀裂が入った。現場の社員が判断できなかったから列車を止められなかった。それは原因ではない」と言い、こう続けた。「なぜそこに至ったのかを考えなくてはいけない。そうでなければ本当の原因を改めさせることができない」

なぜ事故が起きた

 13年前のあの日、浅野の妻らは親戚の見舞いに行くため普段は乗らないJR福知山線の快速電車に乗り、事故に遭った。その後、対応に当たったJR西の幹部は謝罪や反省を口にはするものの、事故と正面から向き合おうとしていないように見えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ