PR

産経WEST 産経WEST

180万円着服の職員を懲戒免職、大阪・富田林市

Messenger

 大阪府富田林市は24日、経理事務などを任されていた任意の民間団体の預金から約180万円を引き出し着服したとして生活支援課の男性副主任(35)=同府藤井寺市=を懲戒免職処分にした。

 富田林市によると、副主任は商工観光課勤務だった平成28年5月から29年10月にかけて40回にわたり、市が事務局を担当する民間団体の銀行口座から預金を引き出し着服していたという。通帳、カードは課内の金庫で保管していたが自由に持ち出せる状態だった。

 副主任は今年4月の人事異動で使い込みが発覚すると考え、自ら商工観光課長らに着服を報告した。報告前に、副主任が全額を穴埋めしていたため、民間団体は告訴しない。市も刑事告発しないとしている。

 管理監督責任を問い、上司の商工観光課長(55)を減給10分の1(1カ月)にした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ