PR

産経WEST 産経WEST

夫撲殺で64歳女に懲役6年 宮崎地裁「判断力あった」

Messenger

 宮崎県西都市の自宅で昨年6月、夫=当時(63)=をハンマーで殴り殺害したとして、殺人罪に問われた高倉美和子被告(64)の裁判員裁判で、宮崎地裁は24日、懲役6年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。

 判決理由で岡崎忠之裁判長は、高倉被告が夫の浮気を疑う妄想性障害で心神耗弱の状態だったが、一定の判断力はあったと認定。「自己中心的で興奮すると歯止めがきかない性格によるところが大きい。無抵抗の夫を一方的に何度も殴るなど、残忍な犯行だ」と指摘した。

 判決によると、昨年6月15日午後10時10分ごろから16日早朝にかけて、夫義勝さんの頭をハンマーで殴るなどして殺害した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ