PR

産経WEST 産経WEST

【鬼筆のスポ魂】「西武の先輩」に恩返しを…松坂に救いの手 森監督は「やり尽くすまでやればいい」

阪神・上本博紀から三振を奪いガッツポーズをする中日・松坂大輔=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
Messenger

 人との絆が人生を歩む上での大きな力になる。マウンド上の中日・松坂大輔投手(37)の姿を見て、改めて痛感させられた。松坂は19日の阪神戦(ナゴヤドーム)で7回123球を投げ、4安打2失点で2敗目を喫したが、変化球を内外角に巧みに投げ分ける熟練した投球術を見せた。中日移籍後2度目の登板で、前回(5日)の巨人戦(同)の5回96球、8安打3失点を上回る内容だ。

 「感触も何もない。連敗(中日はその日の敗戦で5連敗)を止めたかった。素晴らしいとも思わない」。敗戦後の松坂はそっけなく答えたが、森繁和監督は「ゲームを作ってくれた。あす、あさっての(右肩の)状態を見た上で次を考える」と話し、中10日で30日のDeNA戦(同)に先発登板させることを示唆した。

 2011年6月の右肘のトミー・ジョン手術から球速が下がり、ソフトバンク在籍時の15年8月、右肩関節唇の手術を受けて以降はさらに落ちた。ソフトバンクとは15年から3年総額12億円プラス出来高(金額は推定)の巨額契約を締結したが、1軍公式戦登板はわずか1試合。昨年オフには球団側から育成選手契約かコーチ契約を結んだ上でのリハビリ継続を打診されたが、それを拒否した。新天地を探す松坂に救いの手を差し伸べたのは、西武時代の松坂をコーチとして知る森監督。形式上は入団テストの結果次第だったが、非公開テストの結果は即日合格。森監督はこう言った。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ