PR

産経WEST 産経WEST

“闘魂注入”厄払いで全国トップの人気 三重・伊勢シーパラのセイウチ「ヒマワリ」 

Messenger

 楽しい一芸を持つ海獣の人気投票「第1回ヒレアシ甲子園」で、伊勢シーパラダイス(三重県伊勢市)のセイウチ「ヒマワリ」(メス、17歳)が1位に輝いた。来園者の背中やお尻を大きなヒレでたたいて「闘魂注入」と厄払いをする姿が人気を集めた。25日に同園で授賞式が開かれる。

飼育員を相手に「闘魂注入で厄払い」を披露するセイウチの「ヒマワリ」(伊勢シーパラダイス提供)
飼育員を相手に「闘魂注入で厄払い」を披露するセイウチの「ヒマワリ」(伊勢シーパラダイス提供)

 人気投票は、水族館や動物園が参加するSNS(交流サイト)「いきものAZ」の企画。全国47園からセイウチのほか、アシカやアザラシ、オットセイの計47頭がエントリーし、投票総数は111万8567。ヒマワリは31万8562票を獲得した。

 伊勢シーパラダイスでは、1日3回の「セイウチお散歩タイム」があり、ヒマワリは闘魂注入を披露してきた。ヒマワリの体重は680キロ。軽いスキンシップのようだが、パワーは相当なもの。昨年、たたかれた来園者の1人が「厄払いになった」と喜び、芸のタイトルを「闘魂注入で厄払い」に改めると、人気がさらに高まったという。

 ヒレアシ甲子園の結果は20日に発表され、同園ではさっそくヒマワリ目当てに訪れる人も。授賞式は25日午前11時からで、ヒマワリは優勝旗を受け取る練習をしているという。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ