PR

産経WEST 産経WEST

名古屋大の池で大型肉食魚「アリゲーターガー」捕獲 特定外来生物の“ワニ魚”

名古屋大東山キャンパスの池で捕獲された「アリゲーターガー」=23日午後、名古屋市
Messenger

 名古屋市は23日、名古屋大東山キャンパス(同市千種区)にある池で、ワニに似た北米原産の大型の肉食魚「アリゲーターガー」1匹を捕獲したと発表した。

 市によると、アリゲーターガーは、無許可で飼育したり、野外に放ったりすることが原則禁止される特定外来生物に今月、指定されたばかり。池は1万平方メートル以上と広く、約5年前から目撃情報が寄せられていたという。市は何者かが池に放ったとみている。

 市民団体のメンバーらが23日午後0時半ごろ、仕掛けたわなに掛かっているのを見つけ、約30分後、ボートに引き上げた。体長は約1・3メートル。水族館などの引き取り先が見つかるまで、市の施設で保管するという。

 市内では昨年5月にも、名古屋城の外堀で体長約1・4メートルの雄が捕獲されている。

▼【関連ニュース】こちら1・75メートル美女、恋人を探すのが…ミス・スプラナショナル兵庫代表

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ