PR

産経WEST 産経WEST

九電、6年ぶり社長交代発表…原発全4基の再稼働にめど立ち

記者会見を終え、記念写真に納まる(左から)九州電力の貫正義会長、池辺和弘取締役常務執行役員、瓜生道明社長=23日、福岡市
Messenger

 九州電力は23日、瓜生道明(うりう・みちあき)社長(69)の後任に、取締役常務執行役員の池辺和弘(いけべ・かずひろ)氏(60)を昇格する人事を発表した。管内で再稼働を目指していた原発4基全ての再稼働のめどが立ったことで経営を刷新する。6月下旬就任予定で、社長交代は6年ぶり。福岡市で記者会見した池辺氏は、電力小売り全面自由化などで競争環境が厳しいとの認識を示し「海外事業や、イノベーションで収益力を強化したい」と意気込んだ。

 池辺氏は経営企画部門での勤務が長く、九電の中期経営計画の策定に深く関わった。九電は財務基盤の回復が経営課題となっており、収益力強化に向けた方策としては「やり方を抜本的に変える。コスト削減や営業力を強化したい」と述べた。 3月に再稼働した玄海原発3号機(佐賀県玄海町)で起きた蒸気漏れトラブルの再発防止に向けては「緊張感をもって仕事に取り組み、信頼してもらうようにしたい」と強調した。

 瓜生氏は代表権のある会長に就く。貫正義(ぬき・まさよし)会長(73)は相談役に退く見通し。

 瓜生氏は玄海3号機の再稼働前日に当たる3月22日に社長へ抜擢(ばってき)する人事案を池辺氏に伝えたと明かした上で「今後の難局を乗り越えられる人材だと判断した」と理由を説明した。

 池辺 和弘氏(いけべ・かずひろ)東大卒。昭和56年九州電力。執行役員を経て平成29年6月から取締役常務執行役員。大分県出身。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ