PR

産経WEST 産経WEST

大阪・泉南市長選 現職・竹中氏が再選 投票率過去最低の27・71%

再選を決め、万歳をする竹中勇人市長(中央)
Messenger

 大阪府泉南市長選は、無所属で現職の竹中勇人氏(64)=自民、公明推薦=が、無所属新人で元市議の小山広明氏(76)を破って再選を果たした。当日有権者数は5万836人、投票率は前回(43・45%)を大きく下回る過去最低の27・71%。

 前回は16票差で初当選した竹中氏。今回は大差での再選とあって「支援者の温かい力の応援のおかげ」と力強く語った。

 選挙戦は養殖アナゴの本格始動や泉南中学校の建て替え着手といった実績を強調。観光振興推進や防災環境整備など市の将来像も熱く語り、幅広い支持を取り付けた。同市樽井の事務所で握手攻めとなった竹中氏は「防災と観光振興を主に、広域化も含めた行革を大英断しながら進めていきたい」と抱負を述べた。

 小山氏は、情報公開推進などを主張して展開したが、支持が広がらず、伸び悩んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ