PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】弁慶も使ったなぎなた、乃木坂46映画を起爆剤に「聖地」PR 兵庫・伊丹

Messenger

 時代劇の籠城シーンで着物姿の女性が勇ましく手にする武具。そんなイメージのある「なぎなた」で観光客を呼び込もうと、兵庫県伊丹市がPR活動に力を入れている。伊丹は200年以上続く道場があるほか、全日本なぎなた連盟も拠点を置く「なぎなたの聖地」として知られる。昨年には人気アイドルグループのメンバーが出演するなぎなたを題材にした映画や舞台が公開され、好機とみた市がプロモーション強化に乗り出している。(山田太一)

メンバーに話したくて…

 「面!面!」

 「すね!すね!」

 1786(天明6)年開設の修武館(同市)に、なぎなたに励む人の気迫のこもった声が響く。

 全日本なぎなた連盟によると、なぎなたの競技人口は全国で約6万人。そのうち9割が女性で「女性の武術」のイメージが強いが、同館での稽古には男性の姿もある。女性が男性に打ち込めば、男性も負けじと女性に打ち込む。互いが真剣に稽古に取り組んでいる。

修武館で行われた稽古でなぎなたの特徴である「すね」を打ち込む参加者=兵庫県伊丹市
修武館で行われた稽古でなぎなたの特徴である「すね」を打ち込む参加者=兵庫県伊丹市

 なぎなたは長さが2メートル以上もあり、間合いを取りながら面や小手、胴を打ち込み一本を狙う。剣道との大きな違いは、打ち込む場所に「すね」がある点だ。

 伊丹市は同館の協力を得て昨夏からなぎなたを利用したPR活動を本格化させている。担当者は「以前からPRの準備を進めてきたが、ある映画の公開が最後の一押しだった」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ