PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】かつての「大津百町」、今は商業不毛の地?パルコ跡地の新施設は成功するか

オープンに向け改装工事が進む「Oh!Me大津テラス」=4月19日、大津市打出浜
Messenger

 県庁所在地にも関わらず近年、商業施設や大型スーパーの撤退が相次いでいる大津市。昨年8月には20年以上にわたり営業を続けていた「大津パルコ」が閉店した。それから8カ月後の今月、跡地を購入した大阪市の不動産会社が後継の商業施設をオープンさせる。滋賀県内ではかつて、店舗がなくなっても営業を続け「明るい廃虚」と揶揄(やゆ)された商業施設「ピエリ守山」(守山市)が、経営者の交代を機に復活を果たした例があり、大津の新施設にも「活性化の糸口になってほしい」と期待がかかる。(川瀬充久)

27日にグランドオープン

 大津市中心部の打出浜にある大津パルコ跡地に27日にオープンするのは、「Oh!Me(オーミー)大津テラス」。名前には、滋賀の旧国名「近江」と「自分の場所」という2つの意味を持たせた。

 自宅や職場から離れた第三の居場所(サードプレイス)をコンセプトに、地上8階の旧大津パルコの建物を全面改装。1、2階は「大地」、3~5階は「水」、6~8階は「山」「空」をそれぞれイメージした内装とした。

 入居する主なテナントは、平和堂のスーパー「フレンドマート」▽家電量販店ヤマダ電機の「テックランド」▽カフェを併設した「TSUTAYA BOOK STORE」▽100円ショップ「キャンドゥ」▽フィットネスジム「カーブス」▽ホットヨガスタジオ「LAVA」-など。

 パルコ閉店後も上映を続けていたシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ大津」が引き続き営業するほか、かつて人気を集めたFMラジオ局「エフエム滋賀」のサテライトスタジオも復活する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ