PR

産経WEST 産経WEST

「破棄」の調査メモ存在 神戸の中3自殺、遺族は反発

Messenger

 神戸市垂水区で平成28年10月、市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、市教育委員会は22日、第三者委員会の調査報告書で「破棄された」としていた、自殺直後に学校側が友人らに聞き取った内容のメモが残っていたと明らかにした。

 遺族は昨年、報告書がまとめられた当初から、自殺の原因とされるいじめの分析が不十分と批判しており、今回の問題を踏まえ「資料が隠蔽された状態で作成された報告書はもはや信用できない」と反発している。市教委は遺族に謝罪。弁護士による調査で経緯を調べるという。

 市教委によると、当時の校長は市教委に「メモは見つからない」と説明。第三者委はメモの現物がないことを前提に、独自のアンケートや聞き取りなどに基づき報告書をまとめた。

 昨年8月、報告書に「破棄」との記載があるのに気付いた後任の校長らが、実際には教職員の1人がメモを保管していると市教委に報告した。

 しかし市教委は「メモの内容はアンケートなどとほぼ一致している」との理由で十分に調査をしなかった。今年3月、遺族が報告書への所見を提出した際、校長が改めて市教委にメモの存在を報告した。

 後藤徹也教育次長は記者会見し「現段階で意図的な隠蔽とは考えていないが、職務怠慢で申し訳ない」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ