PR

産経WEST 産経WEST

京都・蹴上でツツジが満開 開花早まり急きょ見学会開催

急きょ設定された見学会でツツジを楽しむ家族連れら=京都市東山区
Messenger

 京都市東山区の蹴上浄水場で21日、ツツジの見学会が開かれた。市内の最高気温が7月上旬並みの29・5度まで上がり、家族連れらが斜面一面に植えられたかれんな花を楽しんだ。

 見学会は、ツツジの開花が10日~2週間ほど早まったため、5月2日からの一般公開に先立って急きょ開催。

 場内にはオオムラサキツツジやキリシマツツジ、琉球ツツジなど5品種計4800株が植えられており、見学会では南側の3分の1のエリアが公開された。

 赤紫色の早咲きの品種、オオムラサキツツジを中心に5~7分咲きの花が目立った。すでに満開を迎えた花もあり、訪れた人を喜ばせていた。

 毎年ツツジを見に訪れるという同市右京区の50代のパート女性は「まだ花は少ないが、天気がよくて緑がとてもきれい」と話した。

 見学会は22日午前9時~午後4時も行われる。無料。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ