PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】藤浪は終わるのか メンタル強化“アーチェリーポーズ”と金本監督…1年ぶり勝ち星は

巨人戦で先発した阪神の藤浪晋太郎。しきりにメンタルトレで導入の“アーチェリーポーズ”を行ったが、成果は…=20日、甲子園球場(矢島康弘撮影)
Messenger

 藤浪は終わってしまうのでしょうか。阪神・藤浪晋太郎投手(24)は20日の巨人戦(甲子園)に先発。150キロを連発して10三振を奪う一方で1暴投6四球、5回9安打6失点KOという惨劇でした。昨季5月4日のヤクルト戦(神宮)以来、約1年も勝ち星なし。メンタルトレ導入で“アーチェリーポーズ”を行った成果もなく、深い迷路から抜け出せません。プロ入り3年で35勝。ところが、2016年7月8日の広島戦(甲子園)での161球“お仕置き続投”から潮目が変わった、という関係者がいます。這(は)い上がれ藤浪…。復活への階段はどこかにあるはずです。

■両手を拝む、あのラグビー五郎丸ポーズ…同じ指導者から

 見ている側が辛くなる投球内容でした。今季初の甲子園球場での伝統の一戦。同じ12年ドラフト1位同士の菅野との投げ合いはまさに明暗クッキリでした。無四球2失点で完投勝利を飾った菅野の安定感あふれる投球に比べ、藤浪がスコアボードに刻んだのは惨劇そのものでした。

 初回から2イニング連続で先頭打者を四球で出すと、2回には8番小林に先制タイムリーを浴びて4回にはもっと酷(ひど)い内容。無死一塁から送りバントの構えを見せる菅野の顔面付近に暴投。さらに歩かせると、ここから3連打で3失点。5回にも四球絡みで2失点。5イニングで120球も要して被安打9の6四球、6失点でマウンドを降りました。これで昨季の5月4日のヤクルト戦(神宮)以来、約1年間も勝ち星なしです。

 試合後の金本監督は厳しい表情で「悪いところが出た。見ての通りですよ」とバッサリ。味方野手の守備が乱れた点についても「あれだけボール、ボールやったら、やっぱり野手も緩む。ブルペンも大変ですよ。毎回(肩を)作らないといけないし。(今後の起用法は)どうだろうね。今から考えます」と続けました。一軍登録を抹消して再調整を命じる可能性もあるでしょう。

 失意の藤浪も「初回の先頭から、いい感じで投げられていなかった。クイックに関しては良かったんですけど…。足を上げたときにちょっとあまりにも(感覚が)合わなかったのが、初回、2回と先頭を出してしまったり、リズムを悪くした要因かなと思います」と声を絞り出しました。

五郎丸ポーズと同じ指導者から助言で…主な効果は4つ、まず…

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ