PR

産経WEST 産経WEST

80歳の現役記者「事件から逃げたらあかん」若手にエール

電話で取材する中京テレビ放送の服部良輝さん=3月、三重県警本部の記者クラブ
Messenger

 中京テレビ放送の記者として三重県で24年間、事件事故を追い掛けてきた服部良輝さん(80)が5月末、勇退する。県警で「知らない幹部はいない」と言われるほどの存在で、人間関係と日々の積み重ねを何より重視した。常に体調を気に掛けてくれた妻に感謝しつつ、「事件から逃げたらあかん。寝不足と空腹に強くなれ」と若手記者にエールを送る。

 力強い声

「けがは? 現場は信号あるん?」。交通事故について警察署に電話取材する力強い声が記者クラブに響く。周囲の記者がパソコンを使う中、取材が済むと愛用の軟らかい3Bの鉛筆で原稿用紙に記事を書き、ファクスで送信した。

 定時制高校を卒業後、生まれ育った津市で農作業や工事現場での作業に従事した。19歳で毎日新聞津支局が募集していた記者用車両の運転手に就き、報道の世界へ。「当時、記者はみんなが憧れる仕事。新聞社で働けることは喜びだった」

 間もなく地元の運動会や台風の取材など記者の仕事もするようになった。5人が死亡した1961年の名張毒ぶどう酒事件では、1週間泊まり込んで現場を歩き、聞き込み取材を行った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ