PR

産経WEST 産経WEST

【関西経営者列伝】「現状に満足するな」挑戦の社風 ナカバヤシ・辻村肇社長(1)

ナカバヤシの辻村肇社長。「変化し続けるDNA」を受け継いでいる=平成29年9月、大阪市中央区の同社大阪本社(前川純一郎撮影)
Messenger

 かつて「フエルアルバム」やテレビ番組「新婚さんいらっしゃい!」のスポンサーとして一躍有名になったナカバヤシ。事業の多角化に積極的で、文具やオフィス家具の製造販売、印刷業のほか、近年はバイオマス発電や農業など畑違いと思えるような分野にも進出している。「変化し続けるDNAを受け継ぎ、事業拡大につなげたい」。創業家以外で初のトップとなって10年目の辻村肇社長(64)は、さらなる成長に意欲をみせている。(大島直之)

先を読む経営力 2代目に学ぶ

 ナカバヤシには常に新しいことへの挑戦を求め、それを尊ぶ社風がある。同時に失敗には寛容です。私も上司に「辻やん、しゃあないやん。次どうなるかや」と慰めてもらった経験があるし、だからこそチャレンジできるんですね。この伝統を私も大切にしている。「今まで通りではおもしろくない」と考えるし、逆にやらないことを叱るようにしています。

 創業は大正12年4月。中林安右衛門が大阪市で雑誌の合本や図書修理を手がける「中林製本所」を開いたのが始まりです。創業者は見習工から独立した職人で、この年の9月に関東大震災が起き、東京などからの発注が増えたそうです。

 今の当社の原型は、創業者の次男、滝本安克(やすかつ)が築きました。戦後の昭和26年に会社を再興し、41年間にわたって社長を務めた。設立時の資本金は50万円ですが、当日昼の段階でも金策に駆け回り、ようやく夕方に融資が受けられることになってスタートが切れたという逸話が残っています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ