PR

産経WEST 産経WEST

他人のガソリン代領収書で政活費騙し取る 長崎市議を詐取容疑で書類送検へ

Messenger

 他人のガソリン代の領収書などを使って政務活動費をだましとったとして、長崎県警が詐欺などの疑いで吉原日出雄長崎市議(60)を近く書類送検することが20日、県警への取材で分かった。市が昨年8月、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで告訴していた。

 長崎市によると、吉原市議は平成27~28年度分の政務活動費請求で、他人のガソリン代の領収書計13枚や、乗車していない鉄道運賃の計算書を添付した収支報告書を作成し、計約4万7000円を不正に受け取った。吉原市議は所属していた会派の聴取に「給油所に放置された他人の領収書を持ち帰った」と説明していた。

 吉原市議は20日、取材に「投票してくれた方のために任期を全うする」と述べ、辞職しない意向を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ