PR

産経WEST 産経WEST

侵略的外来アリ「ブラウジングアント」国内初確認 生態系に影響、愛知県など駆除へ 名古屋港

外来種「ブラウジングアント」(自然環境研究センター提供)
Messenger

 愛知県が、昨年夏に名古屋港で見つかったアリを国内初の外来種「ブラウジングアント」と確認し、今月下旬から地元自治体と駆除対策を実施することが20日、分かった。駆除のための補助金を受けられる「特定外来生物」に指定するよう国に求めている。

 ブラウジングアントは南欧原産。ヒアリのように毒針で刺すことはないが、繁殖力が高く、オーストラリアでは生態系に大きな影響を与える「侵略的外来アリ」に位置づけられている。

 ブラウジングアントが見つかったのは昨年7月。ヒアリが各地で発見されたことを受け、県と環境省などが名古屋港の飛島ふ頭(同県飛島村)を調査した際、大量の見慣れないアリと数百メートル規模の巣を見つけた。その後、ブラウジングアントと確認され、鍋田ふ頭(同県弥富市)などで複数の巣が見つかった。

 ブラウジングアントが確認された場所では、在来種のアリがいなくなっているといい、駆逐されたとみられる。いつごろ国内に入ったかは分かっていない。

 愛知県と飛島村、弥富市は、本年度に両ふ頭で10回ずつ駆除を実施することを決定。殺虫剤をまくとともに、捕獲用のわなを仕掛けて分布状況を調べる。

 ブラウジングアント 南欧原産のアリで、体長は2・5~4㍉。触角や足が長く、行列を組んで活動して昆虫や小動物を襲ってえさにする。ヒアリのような毒針はない。一つの巣に複数の女王アリがおり、巨大な巣を作る。インドやマレーシア、グアム島でも確認されている。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ