PR

産経WEST 産経WEST

初音ミクが歌うボカロ曲「トリノコシティ」実写映画化 大阪で21日上映 オープニングアニメは専門学校生が制作

 取り組んだのはスーパーゲームクリエイター専攻の齋藤雪乃さんと、メディアクリエイター専攻の加納美月さんら。山口監督からプロジェクトの狙いや映画の説明を受け、企画の打ち合わせをし、昨年6月末から5カ月をかけて映像を制作。10代から30代のボーカロイド好きがターゲットで、原作のイメージを崩さずに、青と白を基調にしたイメージに仕上げた。

 イラストを担当した齋藤さんは「原作のイメージを崩さずに、とのことだったので、近いイラストを描き、また自分の絵柄や実際のキャストの写真をもとに絵を描きました」と言います。また映像を担当した加納さんは「大きなスクリーンで見せるので、文字の大きさや配置をどうするのが効果的かといった、細やかな修正に苦労しました」と話していました。

 完成した映画は、オホーツク網走フィルムフェスティバルで第10回記念特別招待作品として上映され、昨年12月、東京・シネマート新宿で、今月14日には横浜で上映。21日からは大阪シネ・ヌーヴォ(大阪市西区)で上映される。

 滋慶学園グループホームページはhttp://www.jikeigroup.net/news/20180419_20472.html

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ