PR

産経WEST 産経WEST

【星野リゾート・星野佳路代表に聞く】2022年、新今宮に星野リゾートの都市型ホテル開業「東京にない『親近感』 大阪らしさ満喫するホテルに」

ホテルの完成イメージ図(星野リゾート提供)
Messenger

 高級旅館やリゾートホテルの運営で知られる星野リゾート(長野県軽井沢町)が、ミナミの玄関口・難波に程近い新今宮駅前に新たな都市型ホテルを2022年に開業する計画を発表してから1年。新ホテルブランド「OMO(オモ)」は、スタッフによる観光案内サービスなど、ビジネス需要を排して観光客に特化した営業形態が特徴だ。計画の進捗(しんちょく)と、大阪の魅力について星野佳路(よしはる)代表(57)に聞いた。 (聞き手 内田博文)

 イメージを変える

 --大阪の建設計画の現状は

 「施設のハード面の計画策定がちょうど“佳境”に入ってきた。2週間に1度くらいのペースで会議をして社内で議論を重ねているが、アイデアはそろそろ出尽くした。それをどう収束させるかという段階です。年内にはもう少し具体的な状況になると思います」

 --新今宮の施設で意識するのは

 「周辺の方にも参加していただけるスペースを作りたい。敷地は新今宮駅の目の前で、ホームや電車からもよく見える。ホテルは、新今宮という場所のイメージを変えることが大きな役割です。駅の高さに合わせた広々としたガーデンを造り、宿泊する人だけでなく、鉄道を利用する人が『一度降りてみようか』と感じられる施設になると思います」

 --大阪に開業するOMOは、旭川市(北海道)と大塚(東京都豊島区)で今春から本格展開する。特徴は

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ