PR

産経WEST 産経WEST

新名神開通で名神・中国道の交通量25%減 開通1カ月、渋滞緩和で物流施設計画・企業活動も活発化

新名神高速道路 高槻-神戸全通で交通が分散している
Messenger

 新名神高速道路の川西インターチェンジ(IC、兵庫県)-神戸ジャンクション(JCT、同)間の16・9キロが開通して18日で1カ月。新名神の高槻JCT・IC(大阪府)から山陽自動車道につながる神戸JCT間(40・6キロ)が直接結ばれたことで、並行する名神高速道路と中国自動車道の交通量が約25%減少するなど渋滞が緩和した。運輸業など企業活動にも効果が表れ始めている。

 西日本高速道路は、新名神の高槻JCT-神戸JCT間の所要時間を26分とし、名神・中国道ルートより通常時で6分、休日の朝夕時で10分短縮され、朝夕の最大混雑時では54分の短縮になるとしている。

 同社によると、同区間の名神・中国道の昨年3月20~26日(月~日曜)の最長5キロ以上の渋滞は17回で、うち11回は中国道の宝塚トンネル(兵庫県宝塚市)やその付近で発生していた。

 今回、新名神開通直後の3月19~25日(月~日曜)に調査したところ、渋滞は名神・中国道4回、新名神が1回。1日当たりの平均交通量は名神・中国道は前年の10万6200台から約25%減の8万100台となり、新名神は3万8千台で分散化が進んだ。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ