PR

産経WEST 産経WEST

【プロ野球】もどかしそうなオリ金子

先発のオリックス・金子千尋。六回途中3失点で降板した=17日、千葉市(加藤圭祐撮影)
Messenger

 【オリックス】金子は六回途中まで3失点(自責点1)で勝敗が付かなかった。六回は先頭から2者連続で四球を与えて降板となり、「ストライクゾーンで勝負できていない」と悔やんだ。

 冷たい雨が降る中、四回まで無安打に抑えていた。五回に味方のミスも絡んで3点を失うと、流れを取り戻せなかった。各週の最初の試合でチームに勢いをつくり出す役割を果たせていない。首脳陣の期待に応えられず、「踏ん張りきれないところがこういう結果につながっている」ともどかしそうだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ