産経WEST

鹿児島銀とATMカー実験 三菱UFJ、合理化目指す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鹿児島銀とATMカー実験 三菱UFJ、合理化目指す

 三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下のジャパン・デジタル・デザイン(東京)は17日、鹿児島銀行と共同で、現金自動預払機(ATM)を車に積んで、利用者の元に運ぶ「ATMカー」の実証実験を始めると発表した。両社はATMの「シェアリング」(共用)による合理化を目指す。

 今秋をめどに運用に乗り出す。小型ATMを小回りの利く車両に搭載し、効率的に巡回できるよう工夫する。コストを抑えるため引き出しと残高照会に機能を限定し、通帳は使えない。

 まずは首都圏近郊の祭りや花火大会といったイベント会場や、農家、病院など現金の需要がありそうな場所を対象に出店し採算性などを検証。来店客の減少に伴う将来的な店舗削減を見据え、地方の高齢者らが銀行に行かなくても済むよう窓口機能を代替させる構想や、ATMカーを自動運転化してスマートフォンで呼び出せるようにする計画もあるという。

「産経WEST」のランキング