PR

産経WEST 産経WEST

【鬼筆のスポ魂】連続火消し失敗、炎上の上原 “天然チェンジアップ”は「トラックマン」データで丸裸…

Messenger

 12球団のほとんどが導入しているのが高性能弾道測定器「トラックマン」だ。03年にデンマークのトラックマン社が開発。ミサイル追尾の軍事レーダー技術を応用し、投球の速度や回転数、打球の角度、飛距離の計測を可能にした。米大リーグでは30球団が活用し、日本球界でも14年に楽天が導入。その後、取り入れる球団が続き、今季から新たに4球団が導入した。

 4月10日のDeNA戦(東京ドーム)で、上原は5安打を浴び3失点。わずか1アウトを取っただけで降板した。DeNAのラミレス監督はいち早く「トラックマン」を導入し、采配に生かしている。昨季も3位から下克上でクライマックスシリーズを勝ち抜き、日本シリーズに進出した。「上原浩治」というネームバリューに惑わされず、スプリット中心の配球を読み切った結果が5安打の集中だった。

 昨季、カブスでプレーした上原はオフの11月2日にフリーエージェントとなった。米大リーグからのオファーを待っていたが朗報は届かず、一度は引退の可能性を示唆していた。それが開幕直前に巨人と電撃契約し、球界を驚かせた。高橋監督とは同じ1975年4月3日生まれの43歳。同級生と4年ぶりのV奪回の夢を語り合っただろう。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ