産経WEST

【この本おもろっ】「本能寺の変」「関ケ原の戦い」… 歴史上の陰謀論に挑む 「陰謀の日本中世史」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【この本おもろっ】
「本能寺の変」「関ケ原の戦い」… 歴史上の陰謀論に挑む 「陰謀の日本中世史」

新刊「陰謀の日本史」を出版した呉座勇一博士(国際日本文化研究センター)=14日、京都市西京区(寺口純平撮影) 新刊「陰謀の日本史」を出版した呉座勇一博士(国際日本文化研究センター)=14日、京都市西京区(寺口純平撮影)

「本能寺の変」の真相に迫る

 とりわけ日本史上最大のミステリーとされる「本能寺の変」。「怨恨(えんこん)説」や「黒幕説」など諸説あり、多くの紙幅を割いた。

 織田信長からの非道な折檻(せっかん)や、国替え命令などに怒った明智光秀が謀反を起こしたとされる「怨恨説」。小説やドラマでしばしば採用されるが、「信頼性の低い史料にしか見られない」と反論する。

 怨恨説の根拠とされる事件は、「江戸時代の俗書が創作したもので、歴史的事実ではない」。そうした数々の怨恨話が作られた背景には「江戸時代の人々にとっても、大恩ある君主信長に反旗を翻した事実が不可解だったということだろう」としている。光秀の謀反は、いつの時代も大衆の心をとらえて離さない謎なのだ。

 豊臣秀吉が陰で操っていたという「黒幕説」は、「結果から逆算した陰謀論」にすぎず、「最終的な勝者が全てを予測してコントロールしていたと考える陰謀論の特徴」とみる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「本能寺の変」「関ケ原の戦い」… 歴史上の陰謀論に挑む 「陰謀の日本中世史」

「産経WEST」のランキング