産経WEST

【高校野球の裏話】「遊撃と投手は似ている」 大阪桐蔭の二刀流、根尾昴が春夏連覇に導く

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高校野球の裏話】
「遊撃と投手は似ている」 大阪桐蔭の二刀流、根尾昴が春夏連覇に導く

仲間も認める抜群の野球センス

 毎年、大阪桐蔭高には全国各地から、野球の“神童”たちが集まる。岐阜出身の根尾は、中学2年までアルペンスキーに打ち込み、全国トップクラスの成績を残した。

 文武両道で学業も優秀。リーダーシップも取る。大阪桐蔭において、二刀流への挑戦を「やりたいから」と淡々と答える本人の意志が通るのは、仲間や監督・コーチから、野球のセンスとその抜群の能力が認められているからだろう。

 普段の練習はどのようにしているのか。根尾は、野手9割、投手1割にわけていると話した。打撃、守備練習の合間をぬって、投手としての2本目の太刀を抜くのだ。

決勝の智弁和歌山戦で先発完投した大阪桐蔭の根尾(甘利慈撮影) 決勝の智弁和歌山戦で先発完投した大阪桐蔭の根尾(甘利慈撮影)

 「他のピッチャーのように多くは投げられないので、とくにブルペンを大事にしている」と根尾。1球1球を集中して投げ込む。

 こだわりがあるのはカーブだ。「自分の中で大事になる球」といい、通常の投手とは異なり、ブルペンでは速球ではなくカーブから投じることもある。試合ではさほど使わない球種なのだが、緩い変化球を投げることで、体の突っ込みなど、フォームを確認するバロメーターになっている。

 一方、根尾はこれまで外野手も実戦で経験しており、実は、投手、遊撃手、外野手の「三刀流」を体現するスーパー球児だ。体の使い方が各ポジションで違うはずだが「外野と投手より、ショートと投手の方が似ている。自分的には違和感がない」のだという。

智弁和歌山戦の八回、大阪桐蔭の根尾が左前適時打。打でも5番の中軸を務めた(岡田茂撮影) 智弁和歌山戦の八回、大阪桐蔭の根尾が左前適時打。打でも5番の中軸を務めた(岡田茂撮影)

続きを読む

このニュースの写真

  • 「遊撃と投手は似ている」 大阪桐蔭の二刀流、根尾昴が春夏連覇に導く
  • 「遊撃と投手は似ている」 大阪桐蔭の二刀流、根尾昴が春夏連覇に導く
  • 「遊撃と投手は似ている」 大阪桐蔭の二刀流、根尾昴が春夏連覇に導く
  • 「遊撃と投手は似ている」 大阪桐蔭の二刀流、根尾昴が春夏連覇に導く
  • 「遊撃と投手は似ている」 大阪桐蔭の二刀流、根尾昴が春夏連覇に導く
  • 「遊撃と投手は似ている」 大阪桐蔭の二刀流、根尾昴が春夏連覇に導く
  • 「遊撃と投手は似ている」 大阪桐蔭の二刀流、根尾昴が春夏連覇に導く

関連ニュース

「産経WEST」のランキング