PR

産経WEST 産経WEST

「攻撃は平和をもたらさない」“戦場のピアニスト”が来日、ミサイル攻撃シリアの現状と平和訴え

シリアを思う歌を披露するエイハム・アハマドさん=14日午後、東京都目黒区の東京大学駒場キャンパス(北崎諒子撮影)
Messenger

 シリア内戦で破壊された首都、ダマスカス南部のヤムルーク地区で、荒れ果てた街の路上にピアノを持ち込み、演奏する様子が戦場のピアニストとして話題になったエイハム・アハマドさん(29)が来日し、演奏を通じて平和の重要性を訴えている。米軍などがシリアへのミサイル攻撃を行うなか、アハマドさんは「攻撃は平和をもたらすものではない」と語った。19日には広島でも演奏会が予定されている。(北崎諒子)

 アハマドさんは、シリア生まれのパレスチナ人難民で、東京の学生らが中心の支援団体「スタンド・ウィズ・シリア・ジャ パン(SSJ)」(東京都目黒区)の招きで、13日から20日までの日程で来日した。

 アハマドさんが注目されたのは動画投稿サイト。内戦で瓦礫(がれき)が散乱する街の路上でピアノを奏でる様子が「戦場のピアニスト」として話題になった。

 2015年4月には過激派組織「イスラム国」(IS)が侵攻。アハマドさんと一緒に歌っていた10代の少女が目の前で銃撃されるという悲劇にも見舞われた。音楽を禁止するISにピアノを燃やされ、身の危険を感じたアハマドさんはドイツに難民として渡り、欧州各地などで音楽活動を続けている。

 今月14日に東京大学駒場キャンパス(東京都目黒区)で行われた演奏会で、アハマドさんはシリアの子供たちが1番気に入っていたという「Yarmouk miss you」など3曲を披露した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ