PR

産経WEST 産経WEST

「遺体なき殺人」初公判、韓国籍被告「私は無罪」と全面否認 最長207日裁判 神戸地裁姫路支部

Messenger

 初公判以降、8月まで週4日のペースで証拠調べなどを集中的に実施。検察と弁護側双方が申請した証人は100人近くにのぼる。同支部は選任手続きを経て裁判員6人、補充裁判員6人を選任したが、その過程で候補者501人のうち421人が辞退した。辞退理由は「重要な仕事がある」が多かった。

 最大の争点となるのが、被害者3人のうち、拳銃で射殺したとされる前田巌さんと、監禁して死亡させたとされる厳大光さんの事件。いずれも遺体が見つかっておらず、前田さんの事件では凶器の拳銃も見つかっていない。

 陳被告は逮捕当初からこれらの事件を「やっていない」と一貫して否認している。検察側は被害者の生存が長期間確認されていないなど、これまで積み重ねた状況証拠をもとに立証を進めるとみられる。

「遺体なき殺人」証人多く、審理長期化

 初公判から判決までの実審理期間が207日で、過去最長となる神戸地裁姫路支部の裁判員裁判。陳春根被告や弁護側は、被害者が死亡した3事件を含め全面的に無罪を主張する構えで、争点や証人の多さが審理の長期化に影響した。11月8日の判決までの公判回数は実に76回に達し、裁判員に過重な負担がかかることも予想される。

 初公判以降、8月まで週4日のペースで証拠調べなどを集中的に実施。検察と弁護側双方が申請した証人は100人近くにのぼる。同支部は選任手続きを経て裁判員6人、補充裁判員6人を選任したが、その過程で候補者501人のうち421人が辞退した。辞退理由は「重要な仕事がある」が多かった。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ