PR

産経WEST 産経WEST

【地球を掴め国土を守れ】技研製作所の51年(1)東日本大震災で注目 独自の杭打ち工法

日本人初となったベン・C・ガーウィック賞受賞の喜びを語る北村精男氏=米フロリダ州オーランド
Messenger

 今年は明治維新150年。坂本龍馬はじめ維新の立役者を多く輩出した高知は、全県下で「志国高知 幕末維新博」が開催されている。3月15日には全国に先駆けて桜が開花。例年以上の華やかさに包まれた。

 それに先立つ同月9日、1人の「いごっそう」(土佐弁で主義信念を貫く男)が米国フロリダ州オーランドで、建設などの技術開発に関する国際的な賞を日本人として初めて受賞。一足早く高知に「春」を運んできた。

 技研製作所(本社、高知市)の創業者で社長の北村精男(あきお)(77)である。

■   ■

 同社は、日本の戦後復興期以降の建設技術の要であった杭(くい)打ち機を、無振動・無騒音化した「サイレントパイラー」(油圧で杭(くい)を静かに地中に押し込む無公害の杭打ち機)を開発。この杭打ち機を用いた「圧入工法」を国内外で普及させていることで知られる。

 この工法は現在、一般的な杭打ち工事、災害復旧工事のほか、国内では、太平洋沿岸部を中心に津波・地震防災のための堤防、橋脚の強化工事や、地下の駐輪、駐車施設の建設などに生かされている。

 それらの業績が認められ、北村は、建設などに関する水中・地中の基礎開発技術の世界的権威「ベン・C・ガーウィック」の名前を冠した賞を受賞した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ