産経WEST

森友値引き、強まる不信 口裏合わせ、増額依頼、「ゼロ円努力」…相次ぐ財務省不適切対応

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


森友値引き、強まる不信 口裏合わせ、増額依頼、「ゼロ円努力」…相次ぐ財務省不適切対応

森友問題をめぐる財務省の対応 森友問題をめぐる財務省の対応

学園側におもねる対応

 国有地をめぐる交渉ではこれまでも、財務省側が学園側におもねる対応を取っていたことが明らかになっていた。

 国と学園側の交渉が記録された音声データによると、国有地から新たなごみが見つかったことを知らされた財務省側が「国が知らなかった事実なので、そこはきっちりやる必要があるというストーリーはイメージしている」と発言。

 さらに、「ゼロ円に極めて近い形」を求める学園側に対し、「(国が土壌改良費としてすでに支払った)1億3千万円を下回る金額は提示できません」「ゼロに近づける努力をする」と約束していた。

 ごみの撤去費は会計検査院も昨年11月の検査報告で「算定根拠が不十分」と指摘しており、財務省の旗色は悪い。だが太田理財局長は、「当時の状況のもとで、ぎりぎりの対応としてやられたものとの認識は基本的に変わっていない」と述べ、「売却価格は適正」との立場を崩していない。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング