PR

産経WEST 産経WEST

【プロ野球】阪神打線ようやくつながった 糸井が特大2ラン、今季最多の8得点

1回阪神2死一、二塁、福留が左前に先制打を放つ。投手由規、捕手中村=甲子園
Messenger

 底冷えが続いていた阪神打線にようやく活気が出た。13安打で今季最多の8得点。6試合ぶりに2桁安打をマークし、金本監督は「欲しいところで、点が取れた試合だった」と目尻を下げた。

 打線に勢いをつけたのはやはりベテランだ。一回に福留の適時打で先制すると、四回に糸井がバックスクリーン左へ特大の3号2ラン。由規の初球の144キロを豪快に振り抜き、「まっすぐに合わせて、自分のスイングができた。いい追加点になって良かった」。オフの肉体改造でパワーアップした力を見せつけた。

 3番糸井が打率3割6分4厘で、5番福留が3割3分3厘。開幕から好調なベテラン2人について、指揮官は「心配していない」と口にする。この日打線がつながったのは、打率1割台の鳥谷が3安打を放ったからだ。

 鳥谷は一回と四回に安打で出て、いずれも得点につながった。二塁に転向した今季は先発から外れる試合も多く、調整が難しい面はあるが、糸井と福留が好調なうちに、他の選手も状態を上げていけるかどうかが今後の打線の鍵を握っている。

 糸井は七回にも適時二塁打を放って4打点。その勢いに乗って、不振のロサリオにも何とか適時打が出た。「連敗してたんで負けられない試合だった」と糸井。満員の甲子園のスタンドで威勢良く六甲おろしがこだました。(丸山和郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ