PR

産経WEST 産経WEST

【プロ野球】オリックス山岡、若月22歳バッテリー活躍で快勝

5回オリックス2死二、三塁、若月の2点打で生還する二走マレーロ。捕手清水=ほっともっと神戸
Messenger

 ともに22歳の若いバッテリーが快勝劇を演出した。オリックスの山岡が6回4安打無失点の好投をみせれば、若月が五回に先制2点適時打。福良監督は「この勝ちは大きい」と表情をほころばせた。

 三回と四回に1死一、三塁、六回には無死一、二塁と再三のピンチを迎えた山岡だが、カットボールを低めに集め、併殺に仕留めるなど粘り強いピッチング。

 この好投に同期の女房役がバットで応える。無得点で迎えた五回、伏見、マレーロの短長打で1死二、三塁の好機。続く安達が一邪飛で連敗中の嫌なムードが頭をもたげたが、初球のチェンジアップを右方向にうまく合わせて右前に落とした。「内側は捨てて逆方向に狙っていた」と若月。指揮官も「重苦しい空気だっただけに大きかった」と殊勲打をたたえた。

 3度目の登板で今季初勝利を挙げた右腕は「うれしい」と喜び、「これをスタートに勝ち続けたい」と意気込んだ。5球団とひと通り対戦して4勝9敗1分と5つの負け越しにも「まだ14試合ですよ」と意に介さない。宗、大城も含め若い選手が先発メンバーに名を連ねるだけに、この快勝はチームに勢いを与えそうだ。(市坪和博)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ