産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】4億円…鳥谷1908、09…連続試合出場の継続が重大ピンチ!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
4億円…鳥谷1908、09…連続試合出場の継続が重大ピンチ!

ヤクルト戦4回、安打を放つ阪神の鳥谷敬 =15日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場(山田喜貴撮影) ヤクルト戦4回、安打を放つ阪神の鳥谷敬 =15日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場(山田喜貴撮影)

 鳥谷の連続試合出場の継続が重大ピンチ!! 阪神・鳥谷敬内野手(36)は今季から二塁転向。プロ15年目のシーズンを迎えましたが、開幕12試合の時点で打率・111、本塁打&打点は0。連続試合出場はNPB歴代2位の1908試合(14日時点)に継続中ですが、金本知憲監督(50)の我慢の起用はどこまで続くのか…。球団内には「鳥谷の起用法は監督に一任」という声もあり、来季(19年)までの5年契約(年俸4億円)を考慮しなくてもいい、という姿勢です。状態を上げていかないと大きな岐路に立たされますね。

■周囲の視線は厳しさ増す一方…

 金本阪神は開幕12試合終了時点で6勝6敗。勝率5割です。オープン戦では2勝12敗2分と低空飛行を続け、心配しましたが、開幕後はなんとか持ち直したと言えるのかもしれません。内容を見ると明らかな投高打低です。チーム防御率は2・87でリーグトップ。逆に打線はチーム打率・218はリーグ最下位。盗塁もわずか1でダントツ最下位(いずれも14日のヤクルト戦終了時の記録)ですね。

 金本監督も「みんな打ってない」と渋い表情ですが、打てない、走れないチームを投手陣が必死でカバーしている、と表現すれば間違いではないでしょう。

 このコラムでも書いたばかりですが、打線の中心である4番ロサリオは打率・217で本塁打1本。キャンプで見せた豪快な打撃は見られず、まだ本調子になっていませんね。韓国ハンファ時代を知る球界関係者が「相手球団が一回りすれば、相手投手やバッテリーの攻め方を把握して、もっと投球を自分のミートポイントに呼び込めるようになる。ならば打ち始める」と話していたことを紹介しました。それが本当なら週明け17日からの中日3連戦(豊橋、ナゴヤD)から打撃の状態が上がってくるはずです。期待したいような、期待するのが怖いような…ですが、まあ見守るしかないでしょう。

 そして、もうひとり心配なのが鳥谷です。今季は大山の三塁起用に伴い二塁に転向しました。春季キャンプ中に金本監督から二塁転向を打診された際、少しも嫌がらずに新天地に移ったことにチームの周辺ではさまざまな声が流れました。

 「監督が大山を起用したい、という気持ちが凄(すご)く強いのが分かっていたし、三塁にこだわるとレギュラーを掴(つか)めないという判断だったのだろう。それでも二塁を言い渡した監督の方が(鳥谷が)あまりにも素直に聞き入れるので拍子抜けした、という話も聞いた。昨季が遊撃から三塁。今季が三塁から二塁。なんだかタライ回しにしているような感じだけど、鳥谷だから受けいれた…という見方が強いんだ」とは球団関係者の言葉です。

鉄人・金本監督も現役時代の終盤“配慮”された経験が…今度は

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング