PR

産経WEST 産経WEST

幅24メートルの大作も!鳥取で「砂で世界旅行」展

砂の美術館で始まった第11期展示「砂で世界旅行・北欧編」=14日午前、鳥取市
Messenger

 砂を水で固めて彫った「砂像」を展示する「鳥取砂丘 砂の美術館」(鳥取市)で、第11期展示「砂で世界旅行・北欧編」が14日、始まった。ノルウェー、スウェーデン、フィンランドなどスカンディナビア半島を中心とした北欧の自然や文化などを22点の砂像で紹介している=写真。

 砂像は、9カ国から集まった砂像彫刻家19人が3月11日から21日間をかけ、計2557トンの砂を用いて制作した。「フィヨルドの風景」をバックに紹介される「ニーベルングの伝説」3連作は、幅が計24メートルに及ぶ大作。北欧神話から語り継がれる英雄譚を表情豊かにビッグスケールで描いた。

 このほか「人魚姫」「マッチ売りの少女」をはじめとする童話の世界や、「ノルウェー・ベルゲンの旧市街地」「デンマーク・イーエスコウ城」などの建築、「ヴァイキング」といった歴史などを、砂の造形とは思えないほどの繊細さ、リアルさで表現している。

 同展示は来年1月6日まで。総合プロデューサーの茶円勝彦さんは「大量の水を流す仕掛けも取り入れ、迫力ある自然景観や神話を表現した。砂が織りなす壮大なファンタジーを楽しんでほしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ