産経WEST

【広島高2刺殺逮捕】「これから新たな闘い」被害者父、ブログに新たな決意

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【広島高2刺殺逮捕】
「これから新たな闘い」被害者父、ブログに新たな決意

容疑者逮捕を受けて会見し、思いを語る北口忠さん=13日午後2時54分、広島県廿日市市の廿日市警察署 容疑者逮捕を受けて会見し、思いを語る北口忠さん=13日午後2時54分、広島県廿日市市の廿日市警察署

 忠さんの妹に車で迎えにきてもらうと、聡美さんが搬送された廿日市市内の病院から「身元確認をしてもらえませんか」と連絡がきた。病院に着くと、まるで眠っているような聡美さんの遺体と対面した。「悪い夢なら覚めてくれ」と思った。

 聡美さんは、反抗期もなく映画が好きな忠さんと一緒によく洋画を見に出かけたという。毎朝、学校へ行く聡美さんを起こすのは忠さんの役目だった。忠さんは「今でも娘がふらっと帰ってくるんじゃないかと思うんですよ」と語る。

 ブログのほか、これまでも解決の糸口になるならばと、ラジオやメディア取材に応じ、廿日市市内のショッピングセンターなどでチラシを配るなどし、情報提供を求めてきた。

 3月初めにも街頭に立った忠さん。「事件が風化していないと思えることが少しの安心になる。どんな情報でも私たちの支えになる」と市民らに協力を呼びかけていた。

 事件から13年半。ようやくたどり着いた容疑者の逮捕だが、忠さんは複雑な心境ものぞかせる。「容疑者を逮捕」と題した13日午前のブログは、こう締めくくった。

 《娘への報告「事件が解決したよ」と私の胸の中で伝えましたが、「守る事が出来ないで、ごめんなさい」という想いの方が大きいですし、これからも、この想いは持ち続けるでしょうね》

「産経WEST」のランキング