産経WEST

【今週の注目記事】「身を切る」改革はポーズだけ? 一度決めた「定数削減」覆し「増員」決めた三重県議会に非難囂々

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
「身を切る」改革はポーズだけ? 一度決めた「定数削減」覆し「増員」決めた三重県議会に非難囂々

県議定数を51に増やす条例に賛成するため起立した23人の県議=3月22日、三重県議会 県議定数を51に増やす条例に賛成するため起立した23人の県議=3月22日、三重県議会

 1票の格差是正のため定数削減という「身を切る改革」を成し遂げた-はずだった三重県議会が、定数を45から元の51に戻した。3月の本会議でわずか1票差で可決。4年前に成立させた定数削減条例は結局、一度も選挙に適用されずじまいだった。議会内でも後戻りへの批判は強く、「議員の自己保身」「県民への背信だ」との声も出たが、なぜ、こんな事態になったのか。背景に定数を減らされる議員の反発に加え、自民と民進系の議会内での主導権争いを指摘する声もある。

委員会で否決、本会議で可決

 「一票の格差の重みはあるが、(人口減が進む)県南部の活性化が急がれている。議員を増やすことが先決だ」

 「(定数削減撤回は)議会経費の節減を求める県民の気持ちをまったく無視することになる」

 3月22日の県議会本会議。定数を45から51に戻す条例改正案をめぐって賛成派、反対派がそれぞれの持論を展開した。採決では2人が退席し、賛成23、反対22のわずか1票差で定数増の条例改正案が可決された。

 「否決されると思っていたが…」。条例改正案を提出した県南部選出の西場信行議員(自民)は安堵(あんど)の表情をみせた。実際、1週間前の特別委員会では否決されている。その後の多数派工作が実を結んだというわけだ。

三重の南北問題

続きを読む

このニュースの写真

  • 「身を切る」改革はポーズだけ? 一度決めた「定数削減」覆し「増員」決めた三重県議会に非難囂々

関連ニュース

「産経WEST」のランキング