産経WEST

松井氏「党への配慮当たり前」 大阪都構想めぐる首相発言で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


松井氏「党への配慮当たり前」 大阪都構想めぐる首相発言で

 日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事は14日、安倍晋三首相が自民党大阪府連の臨時党員大会で、「大阪都構想」に反対する府連の方針を支持する発言をしたことについて「党の総裁が党の支部に配慮するのは当たり前だ」と述べ、静観する姿勢を示した。大阪市内で記者団の取材に応じた。

 松井氏は「(首相は)都構想制度そのものは理解している」と指摘した上で「政治状況でさまざまな配慮が必要だということだ」と語った。

 安倍首相は大会で「(大阪都構想に反対する)府連の考え方は党の考え方であり、党総裁たる私の考え方だ」と発言。13日夜開かれた府連幹部との会食の席では、出席者によると「(都構想の是非を問う)住民投票はしょっちゅうやるものではない」と述べたという。

「産経WEST」のランキング