産経WEST

【プロ野球】湿るオリ打線、西にまたも援護できず 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
湿るオリ打線、西にまたも援護できず 

【プロ野球オリックス対日本ハム】オリックス先発・西勇輝=14日、ほっともっとフィールド神戸(中島信生撮影) 【プロ野球オリックス対日本ハム】オリックス先発・西勇輝=14日、ほっともっとフィールド神戸(中島信生撮影)

 また勝てなかった。オリックスの西が七回途中2失点で開幕以来勝ち星なしの3敗目。打線の援護に恵まれず、試合後は足早に球場を引き上げた。

 開幕試合からここまで3試合で計20イニング投げているが、この間に味方が挙げた得点は1点だけ。この日も五回にロメロ、小谷野の連打で無死一、三塁のチャンスを作りながら、続くマレーロ、T-岡田が外野フライも打てずに凡退。マレーロは八回にリーグトップに立つ5号ソロを放ったが、打線が放ったヒットは結局この3本だけ。福良監督も「キツイね。五回に1点でも取っていれば」と唇をかんだ。

 これまですべての登板で先発投手の評価基準となるクオリティスタート(6回3自責点以内)をクリアしている。降板後「相手がよかっただけに何とか粘りたかった」と反省のコメントを寄せたエースだが、さすがに敗戦を彼の責任だけにするのは無理がある。

 「3試合とも踏ん張っている。早く白星をつけてやらないと」と指揮官。低迷するチームの逆襲に、エースの初星は必須だ。(市坪和博)

「産経WEST」のランキング