産経WEST

【桜咲く蹴球女子①】念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【桜咲く蹴球女子①】
念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー

アグレッシブな戦術と選手たち

 --FW岩渕真奈やDF鮫島彩ら女子日本代表選手が多く在籍するINAC神戸に対しても、セレッソには積極的にボールを奪いにいくという意識が見受けられました

竹花 守備面でアグレッシブにボールを奪いに行くという戦術を目指してきました。日本のトップレベルに立ち向かったのですけれども、いろいろな部分で遅かったですね。

サクラ咲くグラウンドで指導するセレッソ大阪堺レディースの竹花友也監督=26日午後、大阪市西成区の南津守さくら公園スポーツ広場(宮沢宗士郎撮影) サクラ咲くグラウンドで指導するセレッソ大阪堺レディースの竹花友也監督=26日午後、大阪市西成区の南津守さくら公園スポーツ広場(宮沢宗士郎撮影)

 --どこに差があるのでしょうか。INAC神戸戦ではMF松原志歩選手(20)がゴールを決める収穫もありましたね

竹花 プレー自体のスピードもそうですし、判断の早さが全然違うかなと感じました。あと2段階も3段階もレベルを上げていかないと、ボールを奪うという部分は厳しいという印象です。良かったところは、得点を取れたこと。決定機は少ないながらも、何シーンかは作ることができました。最後のフィニッシュの精度を高めることで、この差は縮められるものと思っています。(つづく 2回目は4月17日午前8時より)

就任時は苦労の連続だったという竹花友也監督。セレッソ大阪堺レディースを走り負けないチームに成長させ1部昇格を果たした=大阪市西成区の南津守さくら公園スポーツ広場 就任時は苦労の連続だったという竹花友也監督。セレッソ大阪堺レディースを走り負けないチームに成長させ1部昇格を果たした=大阪市西成区の南津守さくら公園スポーツ広場

プロフィル

 竹花友也(たけはな・ともや) 昭和49年7月22日生まれ、大阪府出身。大阪産業大付属高校を卒業後、ヤンマーサッカー部やセレッソ大阪などでプレー。現役引退後はセレッソ大阪の育成部門の指導者として活動し、平成9年からセレッソ大阪サッカースクールのコーチ、その後はU-12(12歳以下)監督などを歴任して平成25年にセレッソ大阪堺レディースの監督に就任。家族は妻と2男2女。

このニュースの写真

  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー

関連ニュース

「産経WEST」のランキング