産経WEST

【桜咲く蹴球女子①】念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【桜咲く蹴球女子①】
念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー

 サッカー女子の国内1部にあたるプレナスなでしこリーグに今季、初昇格したセレッソ大阪堺レディース。外部からの補強を原則行わず、毎年のセレクションで新年度の中学1年生を選び、一貫指導で強化する「究極の育成型」を追求するチームだ。2013年から指揮を執り、10代中心の選手たちを束ねる竹花友也監督(43)は女子サッカーの可能性を広げるチーム作りへの熱意にあふれている。(聞き手 吉原知也)

インタビューに応じる竹花友也セレッソ大阪堺レディース監督=26日午後、大阪市西成区の南津守さくら公園スポーツ広場(宮沢宗士郎撮影) インタビューに応じる竹花友也セレッソ大阪堺レディース監督=26日午後、大阪市西成区の南津守さくら公園スポーツ広場(宮沢宗士郎撮影)

なでしこリーグ1部初挑戦

 --2010年の前身チーム発足時は当時全員が中学1年生でのスタートでした。13年に現行の体制に移行し、なでしこリーグに参入。昨季に2部で2位に入り、初の1部と2部の入れ替え戦を制して念願の1部昇格を果たしました

竹花 2020年に1部に上がるという目標を立てていましたが、だいぶ早い達成となりました。選手たちも早く1部に上がりたいという気持ちで、生き生きと楽しくプレーしてくれたことで結果が出たのだと思います。

 --今季は3月21日の開幕戦でリーグ3連覇中の日テレ・ベレーザに1-3、同25日の第2節INAC神戸戦は1-5で2連敗でした。現状の手応えは

竹花 女王の日テレと最初に当たり、強豪のINAC神戸とも試合をすることができ、これがトップなのかということを感じられたのが重要なことでした。ここからどう食らい付いていくか、という思いです。

竹花友也監督(中央)は人生の2度のピンチを救われ、女子チームの指導者の道に入っていった=大阪市西成区の南津守さくら公園スポーツ広場 竹花友也監督(中央)は人生の2度のピンチを救われ、女子チームの指導者の道に入っていった=大阪市西成区の南津守さくら公園スポーツ広場

続きを読む

このニュースの写真

  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー
  • 念願のリーグ1部挑戦、セレッソ大阪堺レディース 竹花友也監督インタビュー

関連ニュース

「産経WEST」のランキング