PR

産経WEST 産経WEST

半グレを「準暴力団」認定 複数の不良グループ、大阪で初

Messenger

 大阪府警が「半グレ」と呼ばれる府内の複数の不良グループを、警察庁で規定する「準暴力団」と認定し、取り締まり対象としていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 警察庁などによると、これまで準暴力団と認定された半グレは、暴走族「関東連合」のOBグループなど首都圏を中心に少なくとも8集団(平成26年末時点)あるが、大阪では初めて。府内では最近、繁華街・ミナミの飲食店へのみかじめ料徴収などで半グレの活動が目立っており、府警は摘発態勢を強化する。

 捜査関係者によると、数グループの認定は昨年末以降。府警は名称や人数などは公表していないが、一部は格闘技団体出身者らで構成されているとみられる。

 半グレは暴力団と一般人の中間を意味する造語。明確な拠点がなく、メンバーの入れ替わりも多いため実態把握が難しいとされる。しかし警察庁が「集団で常習的に不法行為を行う集団」と規定する準暴力団と認めれば、正式な犯罪組織として捜査対象となる。暴力団対策法や暴力団排除条例の適用はできないが、他の都道府県警察との情報共有など効果的な取り締まりが期待できる。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ