産経WEST

かるたで学ぶ性教育 恥ずかしがらず議論深まる、時代に合わせ改訂も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


かるたで学ぶ性教育 恥ずかしがらず議論深まる、時代に合わせ改訂も

佐保美奈子さんらが作成した改訂版の「性教育かるた」 佐保美奈子さんらが作成した改訂版の「性教育かるた」

 「両方の同意がなければ暴力だ」「フィクションと現実の境目注意して」。大阪府立大学の准教授、佐保(さほ)美奈子さん(助産学)らが、高校生向けに「性教育かるた」を作成した。5年前に作ったかるたの改訂版。佐保さんは「高校生らに楽しみながら正しい性の知識や人との付き合い方について考えてもらえれば」と話している。

 「気になったら、検査を受けようHIV」-。こんな文言のかるたが読み上げられると、数人のグループになっている高校生らがイラストの描かれたかるたを探す。誰かがかるたを取ると、その内容について自然と会話が生まれたり、看護師や助産師らが高校生らの疑問に答え、正しい知識を伝えたり。佐保さんが行っている出前授業での光景だ。

 出前授業は平成15年から大阪府内の高校で始めた。ただ、性が絡むテーマに生徒や先生が恥ずかしがり、議論が深まらないことがあった。「楽しみながら学べる方法を」と模索する中で思いついたのが「性教育かるた」だった。期待通り、かるたを用いることで、生徒が自然と質問や自分の考えを発言するようになったという。

続きを読む

このニュースの写真

  • かるたで学ぶ性教育 恥ずかしがらず議論深まる、時代に合わせ改訂も

「産経WEST」のランキング