産経WEST

【広島高2刺殺逮捕】広島県内に居住歴ない容疑者…見えぬ接点 自宅から衣服押収

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【広島高2刺殺逮捕】
広島県内に居住歴ない容疑者…見えぬ接点 自宅から衣服押収

送検される鹿嶋学容疑者(中央)=14日午前8時44分、広島県廿日市市の廿日市署(鳥越瑞絵撮影) 送検される鹿嶋学容疑者(中央)=14日午前8時44分、広島県廿日市市の廿日市署(鳥越瑞絵撮影)

 広島県廿日市(はつかいち)市で平成16年10月、県立高校2年の北口聡美さん=当時(17)=を刺殺したとして、殺人の疑いで逮捕された会社員の鹿嶋(かしま)学容疑者(35)=山口県宇部市=が、過去に広島県内に住民票を移したことがないことが14日、広島県警廿日市署捜査本部への取材で分かった。約20年前の中学生の頃から宇部市に住んでいたといい、現時点で北口さんとの明確な接点はないという。

 捜査本部は14日、鹿嶋容疑者を送検。廿日市市を訪れた経緯のほか、北口さんの家に侵入し、襲った理由などを詳しく調べる。

 また捜査本部は、鹿嶋容疑者の自宅から複数の衣類などを押収したと明らかにした。北口さんのDNA型が付着していないかなどを慎重に調べる方針。

 事件は16年10月5日午後3時ごろ発生。広島県廿日市市上平良(かみへら)の自宅離れで、県立廿日市高校2年の北口さんが侵入してきた男に襲われ、刃物で胸や腹などを刺されて殺害された。

 さらに、悲鳴を聞いて駆け付けた祖母と当時小学6年の妹が、北口さんとそばに立っていた男を発見。妹は近所に助けを求めて逃げたが、祖母は首など複数箇所を刺され、一時意識不明の重体になった。捜査本部は、祖母への殺人未遂容疑でも鹿嶋容疑者の関与を調べる。

 事件では、事件発生前後にバイクに乗る不審な男の目撃情報が複数寄せられているが、捜査本部は、これが鹿嶋容疑者かどうかも慎重に捜査する。

「産経WEST」のランキング