PR

産経WEST 産経WEST

門真4人死傷、被告に懲役30年判決 求刑は死刑 大阪地裁

 大阪府門真市で平成28年10月、大工の川上幸伸(ゆきのぶ)さん=当時(43)=が殺害され子供3人も重軽傷を負った事件で、殺人や殺人未遂罪などに問われた元定時制高校生、小林裕真(ゆうま)被告(25)に対する裁判員裁判の判決公判が13日、大阪地裁で開かれ、浅香竜太裁判長は懲役30年を言い渡した。検察側は死刑を求刑していた。

 最大の争点は小林被告の刑事責任能力。弁護側は、起訴前後の2回の精神鑑定でいずれも妄想型統合失調症と診断されているとして、「迫害妄想によって、行動をコントロールできなかった」などと述べ、心神喪失状態だったことによる無罪を主張した。

 一方、検察側は、事件の約2カ月前から凶器の短刀を購入し、殺害方法を検索していたとして、「一連の行動は計画的。取り調べで黙秘したり、嘘をつくなど善悪の判断ができている」と完全責任能力を主張。その上で、「川上さんを容赦なく約30回突き刺し、殺害した。目の前で父親を惨殺された子供3人の心身の傷は深く、結果の重大さは死亡者の数で言い表すことはできない」と極刑は免れないとした。

 小林被告は、公判で「脳波で指示を受けて現場に行ったが、川上さんを殺害したのは別の男」などと犯行を否定。最終意見陳述では「公平な裁判からかけ離れている」と15分以上にわたって不満を述べ、裁判長や弁護人から席に戻るよう促される場面もあった。

 起訴状によると、小林被告は同年10月19日未明、就寝中だった川上さんを短刀で殺害し、長女(21)、次女(19)、長男(17)にも2週間~6カ月の重傷を負わせたなどとされる。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ