PR

産経WEST 産経WEST

【彦根警察官殺害】巡査、逃走中にコンビニATMで現金引き出しか 「制服姿の警察官」目撃情報  

彦根警察官射殺。滋賀県警米原署から送検される男性巡査=13日午後、滋賀県米原市 (安元雄太撮影)
Messenger

 滋賀県彦根市の交番で井本光巡査部長(41)が射殺された事件で、発生直後に現場近くのコンビニの現金自動預払機(ATM)に制服姿の警察官が立ち寄っていたことが13日、目撃者や捜査関係者への取材で分かった。殺人容疑で逮捕された巡査の男(19)が逃走中に現金を引き出した可能性があり、県警は防犯カメラ映像を解析し、足取りの確認を進めている。

 県警は13日、殺人容疑で巡査を送検した。

 県警によると、巡査は身柄を確保された際、現金約50万円を持っていた。交番に置いてある公金ではなく、逃走資金として用意した疑いがあるという。

 目撃者や捜査関係者によると、11日午後8時前後、現場の河瀬駅前交番近くのコンビニで、警察官がATMを利用していた。駐車場にはパトカーが止まっていた。

 巡査は11日午後7時47分ごろ、貸与された拳銃で井本巡査部長を射殺した疑いがある。県警は12日未明、滋賀県愛荘町で巡査の身柄を確保し、殺人容疑で逮捕した。巡査は容疑を認め、交番からパトカーで逃走したと供述している。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ